シャルル=エドゥアール・ジャヌレ=グリ

久しぶりの東京へ。

標記は、ル・コルビュジェの本名です。

国立西洋美術館で展覧会が開催されます。

『Le corbusier and the age of Purism. ル・コルビュジエ 絵画から建築へ - ピュリスムの時代』

その内覧会に行ってきました!

 

ル・コルビュジエはスイスで生まれて、主にフランスで活躍した建築家です。 フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」として有名です。

 

全く知らなかったのですが、絵画の才能もあったようです。プレス以外撮影不可だったのか覚えていませんが、写真はありません。

ピカソのようなタッチの絵が多かったように思います。

 

建築は言うまでもありませんが、コルビュジェってかっこよすぎませんか。