■池と鹿と柿と。

所用で奈良に行ってきました。

ついでに東大寺あたりを散策してきました。


紅葉の見頃は終わっていましたが、見どころは結構ありました。

まず猿沢池。


奈良公園にある周囲360mの人口池。

興福寺五重塔が映るのが美しいとのことだけれど、そんな事知らなかったので何も考えずに普通に池の写真です。なので五重塔は映っていません。アングルが全く違うようです・・・。






次は絶対外せない鹿です。角を切られた鹿です。

人間と共存するにはこんな犠牲を払わなければいけないとは何とも切ないです。

人に危害を加えるなんて全く考えていないのに・・・。

目がくりっとしていて、ガラスでできているかのように澄んでいて、それはそれは愛らしいです。





歩いていると鈴なりの柿の木がありました。

見事に実っていましたので思わず撮影。

他に高そうなカメラ(レンズ)を持ったおじさまも撮っていました。

鳥に食べられていないのを見ると渋柿なんでしょうね。

 

 




瓦塀です。すごく趣があります。

京都のお寺などがあるところではよく見かけます。

土塀の補強として古い瓦が使用されています。







東大寺大仏殿です。焼失と再建を繰り返して現在に至りますが、世界最大の木造建築だそうです。

観光客でいっぱいです。